シームレスシステム工法の特長

シームレスシステム工法とは?

シームレスシステム工法は、既設管内にシームレスライナーを引き込み、空気圧によって拡径して既設管内面に密着させた状態で特定の波長の光を管口から直に照射して樹脂を硬化させる形成工法です。

シームレスシステム工法

シームレスシステム工法の適用範囲

シームレスシステム工法

適用管種:
塩ビ管、ヒューム管、陶管、鋼管、鋳鉄管等
適用管径:
本 管…φ200mm~φ800mm(自立管φ200mm~φ600mm)

構造

耐酸性ガラス繊維と光硬化性不飽和ポリエステル樹脂で構成。
工場排水等の場合には耐アルカリ性のライナーも製造可能。

施工上の特長

材料の保存期間が長い!

環境温度の影響を受けない!

施工時間が短い!

硬化後の収縮が極めて小さい!

CO2排出量が少ない!

硬化前に出来形確認ができる!

浸入水があっても施工が可能!

呼び径200~600mmまでの自立管構築が可能!

硬質塩化ビニル管の更生が可能!

更生管内面フィルムは硬化直後に除去!

> 詳しくはこちら

公益社団法人 日本下水道協会による認定工場制度適用

現場硬化型更生材で初

シームレスライナーSは、2013年7月1日、公益社団法人 日本下水道協会よりⅡ類資器材に登録され、認定工場制度に適用されました。
シームレスライナーSは製造工業における厳しい製造管理と製品検査を受け、安定した品質でユーザーの皆様の元へお届けします。

建設技術審査証明証

建設技術審査証明


シームレスシステム工法は、
(公財)日本下水道新技術機構の建設技術審査証明を受けています。



建設技術審査証明証

シームレスシステム工法 施工手順

シームレスライナー形成工

1.引込工

既設管内にシームレスライナーを引込み挿入します。

2.拡径工

圧縮空気でシームレスライナーを拡径します。

3.硬化工

管内に引き入れたUVライトを走行させ、シームレスライナーに光を照射して硬化させます。

4.インナーフィルム除去工

硬化後、インナーフィルムを除去します。

5.取付管口穿孔工

シームレスライナーの両端部を切断後、管内からロボットカッターを用いて取付管口の穿孔を行います。

シームレスシステム工法 性能・物性(性能)

耐薬品性試験

JSWAS K-2「下水道用強化プラスチック複合管」の試験方法に準拠しています。

試験液の種類 質量変化率(%)
測定値(平均値) JSWAS K-2規格値
S SⅡ L
蒸留水 0.10 0.06 0.07 ±0.3%以内
塩化ナトリウム水溶液(10%) 0.10 0.04 0.06
硫酸(30%) 0.08 0.04 0.03
硝酸(40%) 0.07 0.29 0.14
水酸化ナトリウム水溶液(40%) -0.29 -0.11 -0.08

※シームレスライナーは、新しい耐薬品性試験である「浸漬後曲げ試験」にも適用しています(審査証明取得済み)。


水理性能試験

耐薬品性試験

耐ストレインコロージョン性

シームレスライナーSのひずみの外挿値(1.20%)、シームレスライナーSⅡのひずみの外挿値(0.75%)、およびシームレスライナーLのひずみの外挿値(0.83%)が、JSWAS K-2に準拠したひずみ値を下回らないことを確認しました。
したがって、シームレスライナーS、SⅡおよびシームレスライナーLは50年後も耐ストレインコロージョン性を有すると認められます。

ライナー 試験体の固有寸法から算出されたJSWKS K-2による基準値 50年を外挿しした時の推定極限曲げひずみ
シームレスライナーS 0.73% 1.20%
シームレスライナーSⅡ 0.73% 0.75%
シームレスライナーL 0.71% 0.83%

耐ストレインコロージョン性試験 [JIS K 7034]

耐ストレインコロージョン性試験 [JIS K 7034]

その他性能確認試験

試験項目 試験性能
水理性能 粗度係数 n=0.01
水密性(耐内水圧) 0.1MPa ×3分間保持 漏水なし
水密性(耐外水圧) 0.1MPa ×3分間保持 漏水なし
耐高圧洗浄性能 洗浄圧力 15MPa ×3分間 異常なし

農業用水管などの内圧管については、現場条件に合わせて材料設計を行い対応いたします。

  • 水理性能試験

    水理性能試験

  • 耐内水圧試験(メインライナー)

    耐内水圧試験
    (シームレスライナー)

  • 耐内水圧試験(メインライナー)

    耐内水圧試験
    (シームレスライナー)