協会の概要

協会の概要

2002年、光硬化工法協会は、数多くの管更生工法のうち、光を照射することによってパイプを更生する管路更生工法を普及することを目的に設立されました。"光"による管更生工法の特長は、「コンパクトな施工設備」「浸入水があっても施工可能」「施工時間が短い」「施工後の硬化収縮が極めて小さい」「CO2、脱臭、騒音等環境に優しい」等があげられます。
耐用年数を超えた老朽化した下水道管路が増え、その対策が急務となっている現在、その重要度はますます大きくなっており、協会会員一丸となってさらなる技術開発・材料開発を進めています。
光硬化工法協会は全国9の地域支部が主体となって技術・工法説明会およびデモ施工、現場見学会などを行い、シームレスシステム工法とアルファライナー工法の普及活動を通じて、下水道の老朽化対策に貢献。さらには下水道に限らず、さまざまな老朽管対策を行ってまいります。

下水道展

(社)日本下水道協会主催の下水道展に毎年出展しています。

下水道展

下水道展'14 ブースの様子

下水道展'14 ブースの様子

ブースの様子

組織 (組織図/本部・支部所在地一覧)

組織図

組織図

北海道地域支部 中部地域支部 北関東地域支部 東北地域支部 近畿地域支部 中国四国地域支部 南関東地域支部 北陸地域支部 九州地域支部

本部・支部所在地

※本部・地域支部名をクリックすると、役員名簿がご覧いただけます。

支部名 住所 所管都道府県 TEL FAX
本部 〒160-0004
東京都新宿区四谷2丁目10番地3 TMSビル6階
- 03-5367-5173 03-3355-5786
北海道地域支部 〒007-0868
北海道札幌市東区伏古八条2-5-19
(株)TMS工業 内
北海道 011-788-1250 011-785-0617
東北地域支部 〒983-0035
宮城県仙台市宮城野区日の出町2丁目2番1号
東亜グラウト工業(株) 東北支店内
青森県、岩手県、宮城県、秋田県
山形県、福島県
022-236-7855 022-237-3044
北関東地域支部 〒349-0141
埼玉県蓮田市西新宿2-117
真下建設(株) 蓮田支店 内
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県
新潟県、長野県、山梨県
048-768-7285 048-769-1714
南関東地域支部 〒160-0004
東京都新宿区四谷2丁目10番地3
TMSビル内
東京都、千葉県、神奈川県 03-5367-8948 03-3355-3107
北陸地域支部 〒916-0005
福井県鯖江市杉本町813番地
(株)キープクリーン 内
富山県、石川県、福井県 0778-51-1322 0778-51-8234
中部地域支部 〒468-0044
愛知県名古屋市天白区笹原町508番地
東亜グラウト工業(株)中部支店内
静岡県、愛知県、岐阜県、三重県 052-899-0355 052-899-0355
近畿地域支部 〒540-0031
大阪府大阪市中央区北浜東2-13
幸ビル4階
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、
和歌山県、奈良県
06-6942-1027 06-6942-1028
中国四国地域支部 〒731-3167
広島県広島市安佐南区大塚西6丁目5-10
(株)アクアスマート内
鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
愛媛県、香川県、高知県、徳島県
082-848-3666 082-849-1057
九州地域支部 〒800-0206
福岡県北九州市小倉南区葛原東3丁目1-1
(株)三和綜合土木 内
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県
大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
093-474-0032 093-474-0031
技術センター 〒441-3106
愛知県豊橋市中原町岩西5-1
- 0532-65-2705 0532-43-0266

会員名簿

会員名簿 (2017年10月16日 更新)

会員名簿(PDFファイル)をご覧頂くには Acrobat Reader が必要です。
Acrobat Reader がインストールされていない場合は、こちらからダウンロードしてください。

沿革

沿革

平成2年4月
紫外線で既設管を更生するインパイプ工法がスウェーデンより導入される。
平成4年2月
東京でインパイプ工法を初施工。
平成4年4月
日本SPR工法協会でインパイプⅠ型(自立管タイプ)の普及活動が始まる。
平成5年5月
「インパイプ工法」(財)下水道新技術推進機構より建設技術審査証明を取得。
平成7年4月
二層構造管タイプの普及を行うインパイプ工法Ⅱ型研究会が設立される。
平成12年7月
国産の材料による下水道本管、取付管及び一体型の光硬化工法開発に伴いシームレスシステム研究会が設立される。
平成12年12月
神戸市主催の「ライニング管品質試験」にインパイプ、シームレスが参加。
平成13年3月
シームレスシステム協会設立。
平成14年2月
「シームレスシステム工法」建設技術審査証明を取得。
平成14年5月
光で管更生するインパイプ工法Ⅰ型、Ⅱ型及びシームレスシステム工法を1つの協会にまとめるため光硬化工法協会を設立。
平成18年3月
「シームレスシステム工法」建設技術審査証明を変更取得。
(φ600→φ800に拡大、更生材料がSとLの2種類に)
平成18年7月
豊橋市内に「LCR技術センター」を開設。
平成24年5月
ファイン工法の普及活動開始。
平成25年3月
「シームレスシステム工法」建設技術審査証明を変更取得。(塩ビ管が適用管種に加えられた)
平成25年7月
公益社団法人 日本下水道協会の認定工場制度に適用される。(現場硬化型更生材で初)
平成26年3月
「シームレスシステム工法」建設技術審査証明を変更取得。(地盤変位にともなう既設管への追従性を有することが認められた)
平成28年3月
「アルファライナー工法」建設技術審査証明を取得。
平成29年3月
「アルファライナー工法」建設技術審査証明を変更取得。(適用管径がφ200からφ150に拡大し、耐高圧洗浄性が加えられた)
平成29年3月
「シームレスシステム工法」建設技術審査証明を変更取得。(新たな耐薬品性試験に適合)

研修(講習)会・試験

光硬化工法の正しい知識と施工監理を習得していただき、完全な管路更生をしていただくことを目的として毎年「管理技術者講習会」および「研修会」を開催しています。
管路更生の品質確保向上のため、各種管路更生工法の施工認定は、平成28年度より(一社)日本管路更生工法品質確保協会(以下、品確協)の新資格試験制度に統一化されました。
光硬化工法の認定・更新は品確協からの委託を受け、当協会が研修・試験を実施します。

講習会の様子

講習会の様子

1次試験 下水道管路更生管理技士資格

取得者は管路更生工事業務において、監理技術者または主任技術者として管路更生に関わる施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理などを行うとともに、更生管の設計、施工、品質管理などに関して指導的役割を担うことが可能となります。
資格者証は、2次試験による何らかの工法認定を取得するまで発行されません。

2次試験 シームレスシステム工法認定・アルファライナー工法認定

取得者はシームレスシステム工法・アルファライナー工法の施工管理が可能となります。研修・試験の実施については、所属する当協会各地域支部へお問い合わせください。


認定試験のご案内

認定試験のご案内

※認定のご案内パンフレットは、こちらのページからもダウンロードいただけます。

平成28年度からの資格者証

平成28年度からの資格者証

平成28年度からの資格者証

取付管口穿孔技士研修会

日本管路更生工法品質確保協会が実施している「取付管口穿孔技士検定試験制度」に準拠した研修会を実施しています。